中国株(終了):CSI300指数上昇、過去最高値更新-航空株が高い

中国株式相場は上昇し、CSI300種指数 は過去最高値を更新した。中国の旅行需要の増加を反映し、中国南方航空と上海 航空が合わせて20億ドル以上相当の航空機を発注したことを受けて、両銘柄はと もに10%の制限いっぱいまで上げた。

ICBCクレディ・スイス・アセット・マネジメントで11億ドル相当の資 産運用に携わるチャン・リン氏(北京在勤)は「航空会社は中国経済の成長加速 を追い風に業績を拡大している」と述べ、「航空会社にとっては好環境で、各社 の収益は改善に向かうだろう」との見通しを示した。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は、前日比55.58ポイント(1.1%)高の5296.81と、過去最高値を 付けた。これまでの最高値は28日の5251.77。月間ベースでは19%上げた。

一方、上海証取のA株と外貨建てB株の双方に連動している上海総合指数は 前日比1%高の5218.83。深セン証取のA・B両株に連動の深セン総合指数は

1.3%高の1457.84。

乗客数で中国最大の航空会社、中国南方航空(600029 CH)は1.89元 高の20.79元。上海で航空会社2位の上海航空(600591 CH)は1.27元高の

13.93元。また国内の国際航空最大手、中国国際航空(601111 CH)は1.75元 高の19.20元。同銘柄も10%の制限いっぱいまで上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE