カナダ・ドル(31日):上昇、予想を上回る成長で利上げ観測強まる

カナダ・ドルは上昇。この日発表された 同国の経済成長率が予想を上回ったことで、カナダ銀行は年内に利上げを再開 するとの観測が広がった。

ただ、ブッシュ米大統領とバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議 長のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題に対する発言を受 けて、上昇分の一部を失った。

スコシア・キャピタル(トロント)の為替トレーディング担当ディレクタ ー、スティーブ・バトラー氏は「カナダ・ドルにとって、この日発表された経 済統計は良い支援材料となった。」とした上で、「ブッシュ大統領とバーナン キ議長が、市場自体がこの住宅ローン危機の打開策を模索する必要があると示 唆したことを受け、若干勢いを失った」と説明した。

トロント時間午後5時8分(日本時間9月1日午前6時8分)現在、カナ ダ・ドルは1カナダ・ドル=0.9473米ドル(1米ドル=1.0557カナダ・ド ル)と、前日の0.9446米ドルから0.3%上昇。カナダの4-6月(第2四半 期)国内総生産(GDP)が予想を上回る伸びを示したことで、カナダ・ドル は一時、対米ドルで1週間ぶり高値を付けていた。

カナダ統計局の発表によれば、第2四半期のGDPは年率3.4%成長で、 ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト25人を対象にまとめた予想中央値

2.8%成長を上回った。

カナダ10年物国債(表面利率4%、2017年6月償還)の利回りは、前日 比6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の4.424%。