米クライスラー:自動車生産以外の2部門の売却か閉鎖を提案-関係者

米投資会社サーベラス・キャピタル・マネ ジメントが経営権を握る米自動車3位のクライスラーは、全米自動車労組(U AW)との労使交渉の一環として、少なくとも非自動車生産の2部門の売却ま たは閉鎖を提案している。関係者2人が29日明らかにした。

関係者によれば、対象となるのは部品製造のモパーと輸送関連のクライス ラー・トランスポート。2部門の従業員数は合わせて約1300人。

クライスラーを非公開企業として運営するサーベラスは、クライスラーの 一層のコスト削減を目指している。サーベラスは3日、クライスラーの株式

80.1%を取得。これによりクライスラーの9年間にわたるドイツのダイムラー との合併が解消された。

関係者によると、UAWは雇用喪失につながる可能性があるとして、売却 に反対している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE