PIMCOのカッツ氏:サブプライム問題は引き続き債券市場を圧迫

債券ファンド最大手、米パシフィック・イ ンストメント・マネジメント(PIMCO)のミュンヘン在勤ファンドマネジャ ー、ウルリッヒ・カッツ氏は29日、米国のサブプライム(信用力の低い個人向 け)住宅ローンの危機が景気に打撃を与えるとの懸念が引き続き債券市場を圧迫 するとの見方を示した。コメントの詳細は以下の通り。

◎サブプライム:

「債券市場と市場全般の話題は、サブプライムに関連する金融市場の危機 が経済成長に影響するかどうかということだ。金融市場の動揺が長引くほど、消 費者や企業の不安は高まり続けるだろう」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE