ユコス会長ら露経済界幹部:プーチン大統領は「公正なルール」確立を

破たんしたロシアの石油会社、ユコスのビ クトール・ゲラシチェンコ会長(69)は、ほとんどもぬけの殻となった同社の 本社ビル10階のオフィスに座っていた。会社のロゴは、ビルの屋根やロビー、 ドアからも取り外されている。

モスクワの中心部にあるユコスのビルは、在任8年になるプーチン大統領 (54)率いるロシア政府が経済界の主役としての地位奪還に成功した現実を示 すシンボルだ。

プーチン政権は2003年、民間企業としては初めてユコスを標的に定めた。 同社の設立者は刑務所に送られ、資産は政府機関に売却された。これ以降、ロ シアはエネルギー資源の支配を強化。航空宇宙業界や海運業界で「国家を代表 する主要企業」を次々と作り上げ、自動車生産工場を買収。50億ドル(約5700 億円)規模のナノテクノロジー技術支援企業の設立も打ち出した。

大統領選挙シーズンに入ったロシアでは、製造業界や金融業界の幹部らが、 政府が経済において、スターリン時代の中央集権主義の標語であった「主導権」 を握ることがビジネスにとって得策かどうかを自問している。幹部らは、強力 なうえに説明責任を負わない官僚機構の自主規制能力に懸念を抱いているのだ。

工業グループ会社インターロス・ホールディングのマネジングディレクタ ー、アンドレイ・ブグロフ氏は「公正な競争が行われる限り、企業が国有か民 営かは問題ではない」と述べ、「政府は公正なルールを確立する役割を担ってほ しい」と要望する。

ロシア2位の携帯電話会社、ビンペルコミュニケーションズの設立者、ド ミトリー・ジミン氏は、官僚の多くが公務と私的利益を混同しており、汚職が まん延していると言う。

「旺盛な権力欲」

ジミン氏は「ロシアでは官僚が国家だ」と指摘。「官僚たちの権力や富への 欲望は外部の力でしか抑制できない。監視機能が働かなければ、官僚たちは常 に欲望が満たされることを望むだろう」との見方を示す。

12月に予定されている議会選挙と来春の大統領選挙による政権移行を前に、 ロシア政府による企業買収のペースは加速し、緊張が高まっている。プーチン 大統領は3期目の就任は禁じられており、後継者については発言していない。

ロシア中央銀行の元総裁で、ロシア政府への政策批判で知られるゲラシチ ェンコ氏は8月中旬、ユコスの本社ビルからの退去準備中にインタビューに応 じ、「ロシアの現状は健全ではない。米国では3権が分立しているが、ロシアで は権力が集中している」と語った。

選択的な権力乱用

ゲラシチェンコ氏は、ロシア政府によるユコスへの攻撃は、同政府が権力 を選択的に乱用していることを示しているとみる。ユコスのミハイル・ホドル コフスキー元最高経営責任者(CEO)は詐欺と脱税の罪で有罪判決を受け、 シベリアの刑務所に収監されている。ホドルコフスキー氏は、自らの逮捕は政 治的な理由によるものだと主張している。ユコスの主要資産は、プーチン政権 の大統領府副長官であるイーゴリ・セチン氏が会長を務めるロシアの国営石油 会社ロスネフチに売却された。

外国企業も例外ではない。欧州最大の石油会社ロイヤル・ダッチ・シェル などの企業は、ロシア規制当局による圧力を受け、プロジェクトの権益の一部 をロシア国営天然ガス会社ガスプロムに売却した。

これまでのところ、投資家らの間に懸念は広がっていないようだ。ロシア のドル建てのRTS(ロシア取引システム)指数は過去5年間で4倍余りに上 昇している。1-6月のロシアの純資本流入は過去最高の603億ドルに達した。 06年は年間で420億ドルだった。

アルファ・キャピタル(モスクワ)のポートフォリオ・マネジャー、ト ム・アドシード氏は「いかなる投資決定においてもロシア政府は依然、同国経 済において中心的な役割を担っている」と指摘。「官僚機構に関する欧州型のチ ェック・アンド・バランスのシステムを欠いた状態で、欧州型の経済に移行で きるかどうかが問題だ」との見方を示す。

プーチン大統領の側近たち

プーチン大統領の側近たちに権力が集中していることが、ロシア経済の移 行を困難にしている。側近たちの多くは大統領と同じサンクトペテルブルク出 身で、旧ソ連国家保安委員会(KGB)で勤務した経歴を持つ。側近たちは国 営企業の取締役として、政治だけではなく経済においても権力を握り、透明性 は極めて低い。

ゲラシチェンコ氏は「たった1人の人物に権力が集中し、その人物の側近 たちが同郷の幼なじみであることが問題だ」と語る。

ロシアの航空会社アエロフロートの株式の30%を保有するナショナル・リ ザーブを運営する資産家で、国会議員でもあるアレクサンドル・レベージェフ 氏は、情勢は変化しているとみる。同氏は「1990年代には資源とメディアは少 数の独裁者たちが掌握していた。今では国家がその多くを取り返した。ただ、 その結果、独立したメディアは皆無となった。立法機関は弱体化し、司法制度 は多くの改革が望まれるままの状態で、官僚機構は制御不能になってしまった」 と述べた。

[TAGINFO]

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE