蘭ABNの身売り:アドバイザーは19社に-勝者への真の助言役は誰?

オランダの銀行最大手ABNアムロ・ホー ルディングの身売りをめぐって、投資銀行19社が勝者側にアドバイスを提供し ていると主張している。

半年に及ぶこの攻防で、勝者への本当のアドバイザーが誰なのかは分から ない。ゴールドマン・サックス・グループとUBS、モルガン・スタンレー、 リーマン・ブラザーズ・ホールディングス、NMロスチャイルド・アンド・サ ンズはABNにアドバイスしているという。ABNの従業員も作業に加わって いる。

610億ユーロ(約9兆6140億円)相当の買収案を示している英銀バークレ イズは、シティグループとクレディ・スイス・グループ、ドイツ銀行、JPモ ルガン・チェース・カザノブ、ラザードを起用している。バークレイズは自社 のバンカー約15人も投入している。

720億ユーロ相当を提示して対抗する英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコッ トランド・グループ(RBS)陣営はメリルリンチに加え、グリーンヒル、フ ォックスピット・ケルトン、NIBCホールディングを起用。連合を組むサン タンデール銀行、ベルギーのフォルティスとRBSのバンカーもこれに加わっ ている。

ロンドンのシティー大学カス経営大学院のスコット・モーラー教授は、「こ んなに大勢のアドバイザーがいる案件は見たことがない」と語る。「アドバイザ ーの銀行にとって大切なのは後で自慢する権利で、顧客の利益は二の次だろう」 と同教授は話した。

誰も取り残されたくない

投資銀行としては、金融業界で最大となる案件に名を連ねないわけにはい かない。ABNアムロにアドバイスした各社は買収額の全額をM&A(企業の 合併・買収)助言の自社の実績に加えることができる。バークレイズとRBS 陣営のアドバイザーは、自分の顧客が勝利した場合に限りアドバイザーの一覧 に加わることができる。

今年のM&A助言の総額で1-3位を占めるゴールドマンとシティ、モル ガン・スタンレーのそれぞれを分ける差はABNの時価総額900億ドル(約10 兆4000億円)とほとんど変わらない。ABNのアドバイザーを務めるゴールド マンとモルガン・スタンレーは、勝敗の行方によって順位が変わることはない が、シティはバークレイズが敗れれば2位から転落する。RBS陣営が負けれ ば、メリルは5位から8位に後退する。

ニューヨークのフリーマン社はABN買収をめぐるアドバイザーの顧問料 は最大4億5900万ドルと見積もっている。事情に詳しい複数の関係者の話によ ると、この顧問料は数社の間で分配される見通しだ。多くの投資銀行は部分的 なサービスを提供しているだけだという。

しかし、ABNアムロ買収の規模は1998年のトラベラーズ・グループによ るシティコープ買収の699億ドルを上回り、金融業界のM&Aの歴史を塗り替 える。SVMアセット・マネジメントのアナリスト、デービッド・ドッズ氏は 「誰も取り残されたくない。極め付きの優良案件だ」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE