【個別銘柄】ベスト電、セシール、東建物、楽天、ニイウス、ABCマ

22日午前の日本株市場における主な材料 銘柄の値動きは次の通り。

ベスト電器(8175):12.1%高の734円。家電量販店最大手のヤマダ電機 がベスト電器株の5%超を保有したことが明らかになり、業界の新たな再編や ヤマダ電によるさらなる株式買い増しに期待が広がった。大量報告書によると、 ヤマダ電はベスト電の株式を7月17日から報告義務発生日の8月14日までに 市場外取引で取得。保有目的は「純投資」と説明している。取得資金は29億 5016万円。ヤマダ電(9831)は1.9%安の20万3000円。

セシール(9937):一時は前日比44円(11%)高の445円まで上昇。今 月9日以来、約半月ぶりに25日移動平均線(436円)を上回った。昨秋にカタ ログを刷新した効果が継続、生活用品やインテリア品を中心に受注が拡大して いる。07年6月中間期の連結営業利益は前年同期比2.4倍の5億7400万円と なった。利益率が改善したことに加え、7-8月も受注が伸びており、業績回 復を期待した買いが膨らんだ。

東京建物(8804):2.2%安の1407円。SPC(特別目的会社)関連の収 益が伸びて今期(07年12月期)の連結業績予想を上方修正した。ただ、SP Cによる収益拡大は株価に織り込まれていたうえ、消費税引き上げが困難にな りつつあることから、住宅の駆け込み需要への期待がしぼみ、不動産株全体に 連動する形で下げた。

楽天(4755):一時3850円(11.2%)高の3万8300円。6月中間決算は 連結純利益が前年同期比18%減少した。新興株式相場低迷や手数料変更に伴う 収入の落ち込みで証券事業の利益が急減した。売上高も同6.1%減となり、初 の減収減益決算となったが、「上限金利引き下げ問題にからんで消費者金融部 門が足かせになるリスクはあったが、実際の決算数値はそれほど悪くはなかっ た」(いちよし経済研究所の納博司アナリスト)。

ニイウスコー(2731):9.9%安の1万6290円。22日に予定していた07 年6月期決算発表を29日に延期すると発表した。最終的な数値の確定に時間 を要しているためとしている。

エービーシー・マート(2670):4.4%安の2805円。三木正浩会長(52) が退任すると発表した。本人から一身上の都合として辞任の申し出があり、同 日の取締役会で承認した。創業者で20年以上ABCマートを引っ張ってきた 三木会長は経営の一線から退き、筆頭株主として会社に関与する。

ダイハツ工業(7262):一時50円(4.7%)安の1014円まで値を下げた。 ゴールドマン・サックス証券は21日、ダイハツの目標株価を従来の1400円か ら1350円に引き下げた。投資判断は「買い」を継続している。

昭和真空(6384):6.7%安の665円。03年3月中旬以来、約4年5カ月 ぶりの安値水準に落ち込んだ。前期に納入した大型案件の電子部品装置に不具 合が生じて対応費用がかさんだことを受け、今期(08年3月期)の利益予想を 下方修正した。費用は一時的な性格とはいえ、増益予想が一転して減益になっ たことで失望売りが広がった。

日本ユニシス(8056):2.1%安の1430円。子会社化したネットマークス が営業赤字となっていることに加え、研究開発費や業務システムの変更に伴う 投資負担が重く、第1四半期(4-6月)は33億円の営業赤字となった。想 定以上に業績が悪いと受け止められ、通期業績の下振れを警戒した売りが出た。

ヤフー(4689):6.6%高の3万9000円。ゴールドマン・サックス証券は 21日、投資判断を「中立」から「買い」に、目標株価を4万8000円から5万 円に引き上げた。

千代田化工建設(6366):5.6%安の1987円。クレディ・スイス証券は21 日、目標株価は2700円から2400円に引き下げた。投資判断は「中立」を維持 した。

日本オプティカル(2680):6%安の361円。通期(07年12月)業績予 想を下方修正した。連結経常利益は4億9300万円から前年同期比96.4%減の 2300万円に引き下げた。06年4月に実施された医療費改正以降、コンタクト レンズ診療に携わる眼科医療機関は深刻な打撃を受けており、コンタクトレン ズ販売を手がける同社の販売も伸び悩んでいるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE