ビンラディン容疑者は健在-タリバン司令官がビデオで発言(2)

過激派のウェブサイトをモニターする米 情報収集企業インテルセンターは22日、アフガニスタンのイスラム原理主義 勢力タリバンのマンスール・ダドゥラー司令官が、国際テロ組織アルカイダの 指導者、ウサマ・ビンラディン容疑者が健在だと述べているビデオ映像を公開 した。

映像は6月15日の日付になっており、英語字幕によれば、ダドゥラー司 令官は、ビンラディン容疑者が「極めて健康で活動的」と指摘。ビンラディン 容疑者から連絡を受けたと述べた。

ダドゥラー氏は、今年殺害されたタリバンのムラー・ダドゥラー司令官の 弟。「『ムジャヒディーン(イスラム聖戦士)が弱くならないよう、ムラー・ ダドゥラーの活動に沿って、それを継続しなければならない』とビンラディン 氏からメッセージを受け取った」と語った。

フランス紙レスト・レピュブリカンは昨年9月、サウジアラビア情報当局 者の話として、ビンラディン容疑者がパキスタン国内で高熱のため死亡したと 報じたが、サウジアラビア、さらにフランスと米国を含む一部西側諸国は、こ の報道を疑問視している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE