欧州の資産担保CP発行者、借り換え難航-半分以上を売却できず

欧州の資産担保コマーシャルペーパー (CP)発行者は20日に償還を迎える資産担保CPの借り換えで半分以上で 買い手がつかなかった。米国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ロ ーン問題が背景にある。

コメルツ銀行のCPトレーダー、サハー・ビンジュン氏(ロンドン在勤) によると、償還を迎えた60億ドルのCPのうち、売却できたのは約25億ドル にとどまった。

資産担保CP発行体は短期債券を発行して資金を調達し、住宅ローン担保 証券や国債など償還期間が長い証券に投資する。英投資信託運用会社のソレン ト・キャピタル・パートナーズはCP市場で資金を調達できなったため、銀行 に緊急融資を要請している。

ビンジュン氏は「問題は投資家を見つけ出すことだ。現在のような高い利 回りでも資産担保CP市場では取引がほとんどない。需要は本当に枯れてい る」と述べた。

同氏によると、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の短期発行体 格付けで上から2番目の「A1」を取得している発行体の1カ月物資産担保C Pの利回りはEURIBOR(欧州銀行間出し手金利)を35-40ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01ポイント)上回っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE