インドネシア株:反発-ジャカルタ総合指数は8年ぶりの大幅上昇

20日のインドネシア株式相場は反発。ジャ カルタ総合指数がほぼ8年ぶりの大幅上昇となった。先週末の予想外の米公定 歩合引き下げを受け、世界経済が低迷するとの懸念が後退した。

先週大きく売られていた国内最大の電話会社、テレコムニカシ・インドネ シアが上げを主導した。

ジャカルタ総合指数は前営業日比132.95ポイント(7%)高の2041.58 で

終了し、1999年6月以来の大幅上昇となった。