アメリカン・ホームによる融資債権回収を差し止めも-米連邦破産裁

経営破たんした米住宅金融2位のアメリカ ン・ホーム・モーゲージ・インベストメントは、クレディ・スイス・グループ の傘下部門に対する4600万ドル(約52億3900万円)相当の融資債権の回収が 差し止めの対象になる可能性がある。

同部門は、クレディ・スイス・ファースト・ボストン・モーゲージ・キャ ピタル。同社はアメリカン・ホームを提訴し、米連邦破産裁判所のソンチ判事 に融資債権の回収差し止め命令を下すよう求めた。ソンチ判事は、17日までの 審理で判断する。

アメリカン・ホームは、破たんした住宅金融会社13社のうちの1社。2006 年初め以降に業務停止や身売り先の検討に追い込まれた住宅金融会社は70社以 上に上っている。同社は8月3日、新規ローンの発行を停止するとともに、昨 年末時点で7400人だった従業員を1000人に削減。6日に連邦破産法の適用を 申請した。