欧州の社債保有リスクが低下-クレジット・デフォルトスワップが示唆

クレジット・デフォルトスワップ(CDS) 取引は17日、欧州の社債保有リスクが低下したことを示した。

JPモルガン・チェースによれば、投資適格級の欧州企業125社の社債を 基にしたiTraxx欧州指数はロンドン時間午前7時50分(日本時間午後3 時50分)現在、1.25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の56.75 bp。指数の低下は信用の質に対する信頼感の改善を示す。

欧州企業50社の高リスク・高利回り債を中心とするiTraxxクロスオ ーバー・シリーズ7指数は、7bp低下し377bpとなった。

フェニックス・パートナーズ・グループによれば、16日のニューヨークの 取引ではCDX北米投資適格級指数が2.5bp低下の78bpで終了した。

$10 million of debt is equivalent to $1,000 a

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor: Okochi(fka) 記事に関する記者への問い合わせ先: Hamish Risk in London (44)207 673 2928 or hrisk@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Gavin Serkin at +44 207 673 2467  gserkin@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE