アジア株:続落、2日間での下げは1年余りで最大-韓国は7.3%安

16日のアジア株は続落し、2日間での下げ は1年余りで最大となりそうだ。

国民銀行が下げを主導し、韓国総合株価指数は7.3%安。このまま行けば米 同時テロ翌日の2001年9月12日以来で最大の下げとなる。米国の住宅販売低 迷や価格下落のニュースを受けてトヨタ自動車や韓国のサムスン電子など輸出 関連株も安い。

ハンワ・インベストメント・トラストで運用に携わるパク・セーイク氏は、 「過去3、4年の上昇傾向が終わったとの懸念から市場はパニックに陥った」 が、「これは過剰反応だ」と話した。

3月以来の円高水準を嫌気してソニーが下落。金属相場下落を受けて資源 会社のBHPビリトンは3日続落。

東京時間午前10時36分現在、モルガン・スタンレー・キャピタル・イン ターナショナル(MSCI)アジア太平洋指数は前日比2.5%安の141.89。こ のまま終了すれば3月以来の安値で引け、2日間の下落は2006年6月以来で最 大となる。

日経平均株価は2.6%安。MSCIアジア太平洋金融株指数は2%安で、 過去1カ月での下落率は13%と10業種の中で最悪。