中国のサンテック:4-6月期は56%増益-太陽電池需要が拡大

:中国の太陽電池メーカー、サンテック・パ ワー・ホールディングスが9日発表した2007年4-6月(第2四半期)決算は、 純利益が前年同期比56%増となった。需要拡大が寄与した。

同社の資料によれば、純利益は4130万ドル(1株当たり25セント)と、 前年同期の2650万ドル(同17セント)から増加。売上高は3億1740万ドルと、 同1億2820万ドルから倍以上となった。

施正栄最高経営責任者(CEO)は、新しい薄型の太陽電池に対する需要 増大に対応するため、生産設備を拡張する計画。業界団体クリーン・エッジの まとめによれば、米カリフォルニア州やドイツでの需要好調で、世界の太陽電 池販売は昨年、41%増の2500メガワットとなった。

ラザード・キャピタル・マーケッツのアナリスト(ニューヨーク在勤)、サ ンジャイ・シュレスサ氏は、「サンテックは成長市場でのシェア拡大が非常に巧 みだ。増益率の伸びは少し鈍化したが、長期的な戦略は素晴らしい」と述べた。 同氏のサンテック株に対する投資判断は「買い」だが、自らは保有していない という。