ウェーバー独連銀総裁:市場は正常化しつつある、経済は力強い

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー であるウェーバー独連銀総裁は14日、ドイツ語による声明で金融市場について以 下のとおりコメントした。

「金融市場では現在、リスク・プライシングの正常化が進行しつつある。意 欲的なリスクテイクからリスク回避への変化は急速だった。これが市場に不安感 をもたらし、一部で行き過ぎた反応につながった。これにより、ドイツの銀行も また打撃を受けた」

「秩序だった市場環境を確実にするため、ユーロシステムは短期オペにより 日々の流動性需要を満たした。これが流動性の改善につながり、市場の沈静化を 後押しした。ECBと各国中銀は今後も引き続き市場を注意深く監視する」

「その一環として、ドイツ連銀は常に市中銀行と連絡を取り合っている。高 まっていたリスクと一部債権者の損失は抑えられていることが確認できる。IK Bドイツ産業銀行の問題は同行特有のケースだ。ドイツ復興金融公庫(KfW) グループと国内債権者はその問題を解決している」

「一部の市場に見られる最近の緊張にもかかわらず、ドイツを含む欧州の経 済データは引き続き良好だ。それらは力強く広範にわたる回復の継続を示唆して いる」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE