豪中銀:2007年のインフレ率予想を3%に上方修正-豪ドル上昇

オーストラリア準備銀行(RBA)は13 日、金融政策に関する四半期報告で、インフレ率予想を上方修正した。

RBAはコアインフレ率が2007年12月までに3%に加速するとし、08年 も中銀目標の上限にとどまるとの見通しを示した。5月報告時には、07年が

2.5%、08年6月までについて2.5-3%と予想していた。経済成長率につい ては、6月30日までの1年間で4.25%に加速するとの見解を示した。

RBAは8日、昨年11月以来で初めてとなる利上げを実施し、政策金利 を6.5%とした。この日の報告では、インフレと世界金融市場混乱について 「注視」を続ける方針を示した。ただ今回の市場混乱が、世界経済の底堅い成 長見通しを変える要因にはならないとの認識も表明した。

RBAは、インフレ率とコアインフレ率とも「08年は目標レンジの上限近 くになると予想する」と指摘。経済成長率が現在平均ペースを上回っているた め、生産能力面での圧力が当面続くとの見通しを示した。

インフレ見通し上方修正を受けて、豪ドルは上昇している。シドニー時間 午前11時35分(日本時間午前10時35分)現在、1豪ドル=0.8481米ドルと、 報告発表前の0.8468米ドルから上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE