「ラッシュアワー3」初登場首位、「ボーン」2位-週末北米映画興収

週末の北米映画興行収入ランキングで、 ジャッキー・チェンらが主演するアクション・コメディ映画「ラッシュアワー 3」(ニューラインシネマ制作)が5020万ドル(約59億4000万円)で、初 登場首位となった。

調査会社メディア・バイ・ナンバーズの12日の発表によると、先週首位だ ったマット・デイモン主演のアクション映画シリーズ第3弾「ボーン・アルティ メイタム」(ユニバーサル・ピクチャーズ制作)は3370万ドルで、2位に後退 した。

「ラッシュアワー3」の封切りは、前年同期比で5週連続の興行収入増加に 寄与した。メディア・バイ・ナンバーズのポール・ダーガラベディアン社長によ ると、テレビアニメシリーズの映画版「ザ・シンプソンズMOVIE」や人気フ ァンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの映画化第5弾「ハリー・ポッタ ーと不死鳥の騎士団」といった最近の映画興行成績を受け、今夏の興行収入は初 めて40億ドルの大台に乗る可能性が高まっている。

ダーガラベディアン社長は興行成績発表前に、「通常はこの時期までに興行 収入が鈍化する」とした上で、「夏の終盤に向けて非常に順調な展開が見込まれ る」と述べていた。

週末の興収では、「ザ・シンプソンズMOVIE」が1100万ドルで、2位 から3位に後退した。ニール・ゲイマン氏の小説を基にしたファンタジー映画 「スターダスト」(パラマウント・ピクチャーズ制作)は初登場で901万ドル と、4位からのスタートとなった。ウォルト・ディズニー制作のテレビアニメの 映画版「アンダードッグ(原題)」は646万ドルで、3位から5位に転落した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE