欧州株(10日):下落、過去4年で最大の下げ-信用不安で銀行株安い

欧州株式相場は下落し、過去4年で最大の下 げを演じた。信用収縮の広がりが、経済成長と企業利益を損ねるとの懸念が強まっ た。

ソシエテ・ジェネラルとドイツ銀行が下落したことを受け、ダウ欧州株価指数 は3月以来の安値を付けた。ABNアムロ・ホールディングは過去1年で最大の下 げとなった。金融市場の混乱で、ABNアムロ買収をめぐる先行きが不透明となっ たことが響いた。

ダウ欧州株価指数は6月1日に6年半ぶりの高値を付けて以来、この日までに

9.4%下落した。10日の同指数終値は前日比3.1%安の362.77。2003年5月 19日以降で最大の値下がり。一方、ダウ欧州50種株価指数は3.2%下げ、ダ ウ・ユーロ50種株価指数は2.7%低下した。

10日の西欧市場は、18の株式市場のすべてで株価指数が下落した。

金融株

フランス2位の銀行、ソシエテ・ジェネラルは5%安。ドイツ最大のドイツ銀 行は3.5%下げ、イタリア最大のウニクレディトは3.5%下落した。

オランダ最大の銀行、ABNアムロは3.5%安と、06年8月以降で最大の値 下げ。英銀バークレイズとロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ (RBS)率いる3行連合がABNアムロ買収で競争している。

BHP、マン・グループ

世界最大の鉱山会社、BHPビリトンは6.7%下落。同3位の英豪系リオ・テ ィントは6.2%下げた。ロンドン市場では、銅、ニッケル、亜鉛の3相場が3週連 続で下落している。

上場ヘッドファンドとしては最大手の英マン・グループは9.1%安。ロイター 通信が、マンは米市場でのファンド上場を延期すると報じたことに反応した。

英保険会社、オールド・ミューチュアルは5.9%下げた。同社の1-6月期の 営業利益がアナリスト予想を下回ったことが嫌気された。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前日比232.90ポイント(3.7%)安の6038.30。FT オールシェア指数は同115ポイント(3.5%)下げて3129.62。

ドイツのDAX指数は同110.33ポイント(1.5%)下げ7343.26。HDA X指数は64.03ポイント(1.7%)安の3768.10。

フランスのCAC40指数は同176.15ポイント(3.1%)低下し5448.63 で終了した。