あおぞら銀:米サブプライムローン関連の投資残高は210億円-6月末

あおぞら銀行は10日、米サブプライムロ ーン(信用力の低い個人向け貸し出し)関連への証券投資残高が6月末時点で 約210億円あると発表した。同行が保有する債務担保証券(CDO)のうちサ ブプライムローンに関連した投資部 分といい、CDOに関しては2007年第1 四半期(4-6月)において約45億円の評価減を実施したとしている。

同行は金融機関へのサブプライム問題の影響が取りざたされている状況を 踏まえてあらためて数値を発表したと説明。サブプライム関連の投資が同行の 連結総資産に占める比率は0.3%。残高が2000億円あるヘッジファンド投資に 関してはサブプライム関連は含まれていないという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE