カナダ中銀:金融市場支援で「流動性供給」へ-他の中銀とも接触(2)

カナダ銀行(中央銀行)は9日、金融市場の 支援策として「流動性を供給していく」と発表した。この日は欧州中央銀行 (ECB)が米サブプライム住宅ローン問題に起因する信用収縮を緩和させる ため、市場に無制限の流動性供給を約束した。

カナダ中銀はこの日、16億4000万カナダ・ドル(約1835億円)を供給した。 一方のECBは即日オペで948億ユーロ(約15兆3357億円)を供給した。

翌日物カナダ・ドルLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)は4.74%と、前 日の4.53%から上昇した。カナダ中銀の設定する翌日物貸出金利の目標水準は

4.5%となっている。

同銀は文書を発表し、「こうした活動は、安定性やカナダ金融システムの効 率的な機能に関連した中銀としての通常の職務内容の一環である」と記述した。 ジェレミー・ハリソン報道官は電話インタビューで、同中銀は他の中央銀行と もこの問題について接触していると語った。

トロント外為市場でカナダ・ドルは午後3時24分現在、対ドルで94.71米セ ント、一時は93.98米セントまで売り込まれた。