上海銅先物相場:続落-LMEの在庫が05年以降で最大の増加率示す

9日の上海銅先物相場は続落している。ロ ンドン金属取引所(LME)の指定倉庫の銅在庫が2005年以降で最大の増加率 を示し、供給懸念が後退した。

LMEの指定倉庫の銅在庫は8日、前日比8675トン(8.2%)増の11万 4275トンとなり、05年12月29日以降で最大の増加率を示した。世界の銅需 要が供給を上回ったことから、LMEの銅相場は年初来で21%上昇している。

東亜フューチャーズのトレーダー、袁芳氏は9日、上海からインタビュー に応じ「8日にLMEの銅在庫が急増したことが懸念材料となっている。在庫 はさらに増加する可能性があると思う」との見方を示した。

上海先物取引所の銅先物相場10月限は、前日比最大780元(1.2%)安 の1トン当たり6万5300元。上海時間午前10時31分現在、0.3%安の6万 5860元で取引されている。LMEの銅先物相場(3カ月物)は、前日比45ド ル(0.6%)高の1トン当たり7625ドル。