米シスコ株が1年ぶり大幅高-ネット関連機器需要が売上高を後押し

ネットワーク機器最大手の米シスコシステム ズは8日、株価が1年ぶりの大幅上昇。高速インターネット関連機器や電話シ ステムの需要を支えに、売上高見通しを上方修正したのが好感された。

シスコは7日の通常取引終了後、売上高は年間最大17%の増加になるとの 見通しを発表した。従来は同15%だった。

業績の伸びは、オンライン映像ソフトなどに対応した高速度ネットワーク 機器の需要が支えに加速している。インターネット電話やビデオ会議システム 「テレプレゼンス」の受注を追い風に、5-7月期の売上高は6四半期連続で 前年同期比ベースで15%を超える伸びとなった。

スタンダード・アンド・プアーズのアナリスト、アリ・ベンジンガー氏は 「企業の需要を取り巻く環境はかなり好調だ」と指摘。「企業は、高い処理能力 を必要とするソフトウエアに対応した通信ネットワークを更新し続けている」 と語った。

シスコの8日株価終値は前日比1.99ドル(6.7%)高の31.68ドルと、2006 年8月以来の大幅上昇。株価は年初から16%上昇し、01年2月以来の高値に達 している。

米ベアー・スターンズのアナリスト、フィリップ・キュージック氏は、シ スコの投資判断を「ピアパフォーム」(業界平均並み)から「アウトパフォーム」 (平均以上)に上方修正。RBCキャピタル・マーケッツ、バンク・オブ・ア メリカ(BOA)、UBSのアナリストは、同社の目標株価を引き上げた。