欧州株:続伸、2日間で3.4%高-INGやカールスバーグが主導

欧州株式市場では、ダウ欧州株価指数が続伸 し、2日間の上昇率は過去4年で最大となった。企業収益がアナリスト予想を上回 ったほか、7日開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明で、同国経済 が金融市場の波乱や住宅市場の不振を乗り越える可能性が高いとの見方を示したこ とが手掛かりとなった。

オランダ最大手の金融サービス会社、INGグループと、英保険会社、ロイヤ ル・アンド・サン・アライアンス・インシュランス・グループは上昇。予想を上回 る利益を発表したことが好感された。デンマークのビール会社、カールスバーグは 高い。業績見通しの上方修正が買い手掛かり。

エイゴン・アセット・マネジメントの投資アナリスト、ビル・ディニング氏は 「非常に好調な状況から企業は引き続き恩恵を受ける」との見方を示し、株式相場 にとって「かなり良い環境だ」と述べた。

ダウ欧州株価指数は前日比2%高の381.05。7日を含む2日間の上昇率は

3.4%と、2003年4月以来で最大となった。ダウ欧州50種株価指数は1.8%上 げ、ダウ・ユーロ50種株価指数は2%上昇した。

ING、ロイヤル・アンド・サン

INGは4%上昇。同行の4-6月(第2四半期)の純利益は25億6000万 ユーロと、前年同期の20億1000万ユーロから増え、アナリスト予想の18億 4000万を上回った。ABNアムロ・ホールディング株の売却益が寄与した。

ロイヤル・アンド・サン・アライアンスは3.7%高。同行の1-6月(上期) の営業益はアナリスト予想を上回った。また同行は増配を発表した。

カールスバーグ

カールスバーグは2.7%上げた。同社は2007年通年の増収率を少なくとも 10%と、従来の7%から引き上げた。4-6月期の純利益は前年同期比18%減の 10億4000万クローネとなったが、アナリスト調査の中央値9億4900万クロー ネを上回った。

日用品・医療用品会社、独バイエルスドルフは3.8%高。欧州最大の半導体メ ーカー、スイスのSTマイクロエレクトロニクスは5.7%上げた。英出版・ラジオ のイーマップは3.4%上昇。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前日比85.10ポイント(1.4%)高の6393.90。FT オールシェア指数は同46.21ポイント(1.4%)上げて3307.93。

ドイツのDAX指数は同92.28ポイント(1.2%)上げ7605.94。HDA X指数は50.31ポイント(1.3%)高の3911.33。

フランスのCAC40指数は同128.89ポイント(2.3%)上昇し5749.29 で終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE