HOYA:ペンタックスへのTOBが成立-14日付で連結子会社に(2)

光学ガラス大手HOYAは7日、カメラ、 医療機器メーカーのペンタックスへの株式公開買い付け(TOB)が6日終了 し、発行済み株式の90.58%を取得したと発表した。買い付け資金は945億円。 ペンタックスは8月14日付でHOYAの連結子会社になる。HOYAのペン タックス買収問題は完全に決着する。

TOBは7月3日から実施していた。HOYAは、ペンタックスの保有す る経営資源を相互補完的に活用して経営基盤を強化し、シナジー(相乗)効果 と成長加速を狙う。このためTOBに応募がなかった他のペンタックス株式も すべて取得し、完全子会社化する。ペンタックス株式は上場廃止となる。

ペンタックスは同日、HOYAサービスの大原幸男社長とHOYAグルー プ法務総括責任者のジョージ・スチュアート・サザー氏がペンタックスの取締 役に就任したと発表した。2人の取締役就任は、HOYAのペンタックスに対 する保有割合が50%を超えた旨を記載した大量保有報告書を関東財務局に提出 した日に効力が発生するという条件で6月の株主総会で決議されていた。

HOYAの株価終値は前日比10円(0.3%)高の3800円、ペンタックス は同5円(0.7%)安の735円。