中国人民元:対ドルで続伸-SIC研究員が元高ペース加速を呼び掛け

中国の外国為替取引では6日、人民元がドル に対して続伸。中国国家情報センター(SIC)の研究員、范剣平氏が人民元の上 昇ペースを加速させるべきだとの見解を示したことが手掛かりとなった。

国営の新華社通信が5日報じたところによれば、范氏は人民元が上昇すれば、 輸出価格を押し上げ、過去最高となっている中国の貿易黒字削減につながると述べ た。輸出収益と資金流入により、国内の金融システムには資金がだぶつき、投融資 拡大につながっている。

中国光大銀行の為替アナリスト、クオ・チャオヤン氏(広州在勤)は「貿易 黒字が拡大するなか、経済要因で人民元は一段高となろう」との見方を示し、「中 国はコントロール可能な柔軟性の範囲内で、より広いレンジでの人民元の取引を容 認する可能性がある」と述べた。

人民元は上海時間午後5時半(日本時間同6時半)現在、前週末比0.09%高 の1ドル=7.5610元と、7月23日以来で最大の上げとなった。2005年7月の ペッグ(連動)制廃止後の上昇率は9.5%。クオ氏は、人民元は年末までに7.3 元台に入る可能性があるとみている。