韓国サムスン電子:器興の半導体生産ラインを操業停止-停電の影響

世界2位の半導体メーカー、韓国のサムスン 電子は3日、停電の影響で、ソウルの南に位置する器興にある6つの半導体生産 ラインの操業を停止したことを明らかにした。米アップルの携帯デジタル音楽プ レーヤー「iPod(アイポッド)」や音楽機能付き携帯電話「iPhone (アイフォン)」に使用されるフラッシュメモリー(電気的に一括消却・再書き 込み可能なメモリー)供給への影響が懸念される。

サムスン電子の広報担当、イ・スジョン氏は電話取材に対し、「変電所の配 電盤の不具合により、3日午後2時30分(日本時間同じ)ごろに停電が発生し た」と述べた。

UBSの6月の推計によれば、停電によって操業が停止された生産ラインは、 サムスン電子のNAND型フラッシュメモリーの生産能力の91%を担っている。 NAND型メモリーは携帯電話から携帯音楽プレーヤーまで広く利用されている。

イ氏によれば、停電の影響を受けた器興のK2地区には6つの半導体生産ラ インがあるという。

米市場調査会社アイサプリのアナリスト、キム・ナムヒュン氏によれば、 2006年の世界のNAND型フラッシュメモリー市場でサムスン電子のシェアは 45%。東芝は26%、韓国のハイニックス半導体は18%だったという。