【5%ルール】米ハリスアソシエイツ、米プロスペクト、米ブランデス

財務省に3日提出された大量保有報告書の主 な状況は以下の通り。

タワー投資顧問:アイケイ(2722)株式の保有比率を15.82%から17.36%に 増やした。

タワー投資顧問:明豊エンタープライズ(8927)株式の保有比率を7.02%か ら10.25%に増やした。

タワー投資顧問:アイ・ティー・シーネットワーク(9422)株式の保有比率 を5.06%にした。

タワー投資顧問:シークス(7613)株式の保有比率を8.78%から7.77%に減 らした。

タワー投資顧問:荏原ユージライト(4975)株式の保有比率を5.81%から

7.01%に増やした。

タワー投資顧問:ソリトンシステムズ(3040)株式の保有比率を7.75%から

9.32%に増やした。

オッペンハイマーファンズ:ケネディクス(4321)株式の保有比率を5.24% から6.45%に増やした。

セブンシーズ・アセット・マネジメント:ジェイオーグループホールディン グス(1710)株式の保有比率を5.55%にした。

ブランデス・インベストメント・パートナーズ:ローム(6963)株式の保有 比率を5.02%にした。

プロスペクトアセットマネジメント:イーアセット投資法人(8974)株式の 保有比率を11.68%から12.76%に増やした。

ハリス・アソシエイツ:大和証券グループ本社(8601)株式の保有比率を

5.05%にした。

プロスペクトアセットマネジメント:新日本建設(1879)株式の保有比率を

11.04%から12.07%に増やした。

オービメッド・キャピタル:グループ全体で日本ケミファ(4539)株式の保 有比率を5.00%にした。

シティグループ・グローバル・マーケッツ・フィナンシャル・プロダクト: グループ全体で九州親和ホールディングス(8340)株式の保有比率を5.25%から

6.39%に増やした。

アーノルド・アンド・エス・ブレイクロウダー・アドバイザーズ:サークル Kサンクス(3337)株式の保有比率を5.12%から6.23%に増やした。

アーノルド・アンド・エス・ブレイクロウダー・アドバイザーズ:パーク2 4(4666)株式の保有比率を7.01%にした。

アーノルド・アンド・エス・ブレイクロウダー・アドバイザーズ:アリアケ ジャパン(2815)株式の保有比率を7.50%から9.05%に増やした。

スパークス・アセット・マネジメント:グループ全体で古河スカイ(5741) 株式の保有比率を7.73%から7.46%に減らした。

ピクテ・アセット・マネジメント:グループ全体でリョービ(5851)株式の 保有比率を5.27%にした。

リバティ・スクェア・アセット・マネジメント:東映アニメーション (4816)株式の保有比率を6.23%から7.50%に増やした。

スパークス・インターナショナル・ホンコン:ツムラ(4540)株式の保有比 率を11.62%から10.52%に減らした。

アルトリンジック・グローバル・アドバイザーズ:MIDリート投資法人 (3227)株式の保有比率を5.24%にした。

ラザード・アセット・マネジメント:東邦ガス(9533)株式の保有比率を

6.62%にした。

モルガン・スタンレー証券:グループ全体でグッドウィル・グループ (4723)株式の保有比率を13.43%から12.38%に減らした。

オー・シー・エム・オポチュニティーズ・ファンド・ファイブ:グループ全 体で桂川電機(6416)株式の保有比率を6.17%から7.19%に増やした。