中国株(終了):CSI300指数、過去最高値を更新-招商銀が高い

中国株式相場は上昇し、CSI300指数が過 去最高値を更新した。週間ベースでは4週連続のプラス。利益の伸びは維持される との見通しから、招商銀行など銀行株や不動産株が高い。

国泰基金管理(上海)で約18億ドル相当の資産運用に携わる范迪釗氏は「上 期(1-6月)の企業収益は平均で約80%増加する」と予想する。「銀行と不動 産は、利益の伸びが加速すると見込まれる業種だ」と指摘した。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は前日比162.19ポイント(3.7%)高の4598.38。これまでの最高値 は7月31日に付けたもの。週間ベースでは6.8%上昇した。上海証取のA株と外 貨建てB株の双方に連動している上海総合指数は3.5%高の4560.77。深セン証 取のA・B両株に連動の深セン総合指数は2.3%高の1323.40。

同国7位の銀行、招商銀行(600036 CH)は3元高の33元と、10%の値幅 いっぱい上げた。米シティグループが出資する上海浦東発展銀行(600000 CH) は2.42元(5.8%)高の44.23元。上場不動産会社で国内最大手、万科企業 (000002 CH)は2.23元(7.1%)上げ33.80元。

上場証券会社で国内最大手、中信証券(Citic証券、600030 CH)は

6.52元(10%)高の71.95元。株価上昇が収入を押し上げるとの観測から買い が入った。