米BOAの元ブローカー、有罪認める-IPOに絡みわいろ受け取る

企業の新規株式公開(IPO)に絡み、I PO株の情報と引き換えに1万2500ドル(約149万円)を受け取ったとして 起訴された米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)の元ブローカー、ポール・ リゾリ被告(48)は2日、有罪を認めた。検察当局によれば、この事件は 1980年代以降で最大のインサイダー取引計画だという。

リゾリ被告はマンハッタンの米連邦地裁で、ニューヨークのヘッジファ ンド投資会社キュー・キャピタル・インベストメント・パートナーズの共同経 営者だったエリック・フランクリン氏からわいろを受け取ったと供述。詐欺と 共謀の罪で有罪を認めた。

リゾリ被告は同地裁のジョン・ケルトゥル判事に対し「私は受け取った 金銭の情報を雇用主に開示しなかった」と述べ、受け取った1万2500ドルの 没収に応じた。判決公判は11月9日の予定で、禁固2年から2年6月が言い 渡される可能性がある。

起訴状によれば、被告は13人で、スイスの銀行大手UBSや米証券大手 のモルガン・スタンレー、ベアー・スターンズの従業員も含まれており、企業 の合併や株式銘柄選定に関して事前に得た情報を基に取引を行い、利益を得た とされている。現在8人が有罪を認めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE