急速なキャリー取引解消、金融不安につながる公算-HKMA総裁

香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相 当)の任志剛(ジョゼフ・ヤム)総裁は2日、低金利通貨を借り入れ高利回り 通貨建ての資産に投資するいわゆるキャリートレードを行っているトレーダー らが、早急にこうした取引を解消すれば、金融不安につながる公算があるとの 見方を示した。

同総裁はHKMAのウェブサイトで、「関与する為替相場リスクが誤って 見積もられている可能性があり、こうした取引をしている者がこのリスクの大 きい部分を引き受けることになるかもしれない」と指摘した。

「市場により膨大に積み上がった取引の解消を急速に迫られる場合は、支 払い能力が脅かされ、金融不安を起こす公算がある」としている。任総裁はま た、キャリートレードにより「資産価格バブル」が形成されている可能性があ ると分析した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE