YouTube:パートナ-の収益増を支援-動画著作権の保護に本腰

インターネット検索世界最大手グーグルは2日 会見し、傘下の動画投稿サイト運営のYouTube(ユーチューブ)による日本 での事業展開について、ネットの動画視聴と有力企業とのビジネスを連携させる展 開が順調に進んでいると説明した。ユーチューブは6月から開始した日本語のサイ トによるサービスについて、積極的に法人による利用を促し、ネット上の動画プラ ットフォームとしての地位を一段と強固にする方針だ。

会見に出席したグーグルのコンテンツ担当であるデービット・ユン副社長は 「アジア地域、そして日本はグーグルの世界戦略上の重要な拠点」とし、ユーチュ ーブをプラットフォームとして活用するビジネスパートナーを支援する方針を明ら かにした。

各企業がユーチューブ利用の事例を発表

この日の会見には、カシオ計算機、ミクシィ、吉本興業、スカイパーフェク ト・コミュニケーションズ、東京メトロポリタンテレビジョンなどの経営幹部も出 席し、動画投稿サイトに関連したそれぞれのビジネスについて説明を行った。

カシオ計算機は、ユーチューブに動画をアップロードすることが簡単にできる 機能を搭載した専用デジタル・カメラを市場に投入する方針を明らかしたほか、ミ クシィはユーチューブの画面から簡単に動画掲載が可能で、ミクシィの運営サイト に連携させるサービスを開始するなど、それぞれの企業の取り組みを発表した。

著作権保護には厳正に対処と強調

ユン副社長は、日本でも著作権侵害の動画がユーチューブ上に投稿される問題 について、「違法コンテンツの掲載は望んでいない」とし、著作権侵害については 厳正に対応すると強調した。ユーチューブは2月に、日本の放送局や日本音楽著作 権協会(JASRAC)など23の著作権関連団体・事業者と著作権の侵害につい て協議し、今回で2度目の話し合いとなる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE