米モルガンS:西洋レストランに共同で76%出資-外食産業では初(2)

米モルガン・スタンレーは2日、外食店経営 の西洋レストランシステムズに経営コンサルティング会社と共同出資したと発表 した。出資比率は76%となる。モルガンSはこれまで日本のホテル産業などに 積極投資してきたが、外食産業への投資は初めて。今後もこのコンサル会社と共 同で投資を拡大していく方針だ。

共同出資するのは経営コンサルのオフィス井上。オフィス井上は代表取締役 などを派遣する。両社の出資割合や出資金額などは非公開。モルガンSとオフィ ス井上は西洋と2日付で合併した出資(買収)母体が先に実施した増資を引き受 けていた。

西洋レストランは、企業や医療機関などへの給食事業を展開する西洋フー ド・コンパスグループ(SFCG)が1日に外食部門を分割した。居酒屋やファ ミリーレストランなど全国に120店舗を持ち、年間売上高は約120億円にのぼる。

--共同取材:藤田 淳子 Editor: Hirano(has)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE