銀行はLBO向け融資を停止、既存債権売却を優先か-投資会社創業者

投資会社クアドラングル・グループの創業者 スティーブン・ラトナー氏によると、投資銀行はレバレッジド・バイアウト(L BO)向けの融資を停止している。投資家に売却できない融資債権などについ て整理する間、融資活動を停止しているという。

ラトナー氏は1日、ニューヨークでインタビューに答え、「大半の銀行は現 在本質的に、融資事業をやめている」として、「融資市場へのアクセスが非常に 限られる時期に入りつつあることは明らかだ」と語った。

JPモルガン・チェースやシティグループなど投資銀行はLBO用におよ そ3000億ドル(約35兆6500億円)の調達を約束している。投資家は社債や融 資債権の購入に乗り気ではなく、過去3週間で45社余りが調達断念や計画変更 を迫られた。

銀行は買い手が見つかるまで社債や融資を自社で抱えることになった。ラ トナー氏は、このような状況は年末まで続く可能性があるとして、「これらの社 債や融資は向こう半年の間に売り出され、投資銀行は最良の価格での売却を目 指すだろう」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE