英BA:価格談合事件で米英当局と和解へ-罰金総額約830億円(2)

欧州3位の航空大手、英ブリティッシュ・エ アウェイズ(BA)は1日、価格談合をめぐる調査に関し、総額約3億5000万 ポンド(830億円)の罰金を支払い、米司法省と英公正取引局(OFT)と和 解する見込みだと発表した。

BAは資料で、「罰金総額はわれわれの見通しに沿っており、3億5000万 ポンドの引当金で賄える」としている。OFTが発表した別の資料によると、英 国側の罰金は1億2150万ポンド。

BAは5月18日、社員が燃料特別付加運賃(サーチャージ)の設定で同 業他社との談合に関与したことを明らかにし、問題解決のために必要となる「最 善の予想額」として、3億5000万ポンドを用意する方針を示していた。

OFTによれば、同社は2004年8月から06年1月の間、石油価格上昇 を受けて通常運賃に上乗せされるサーチャージをめぐり、同業の英ヴァージンア トランティック航空と談合したことを認めた。

BAの広報担当者、リチャード・グッドフェロー氏は、同日予定されてい る米司法省の声明発表まで、罰金の正確な総額についてコメントを控えるとして いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE