コンテンツにスキップする

アコゴルフが急伸、入場者数順調で業績期待-5カ月ぶり75日線突破

ゴルフ場の所有・運営を行うアコーディ ア・ゴルフの株価が急伸。一時は13%以上の上げとなり、5月中旬以来の高値 水準を回復した。同社が運営するゴルフ場の入場者数が順調に伸びているとの観 測が広がっており、8月中旬に予定された第1四半期(4-6月期)決算の発表 を控えて業績期待が高まっている。

午前終値は前日比1万2000円(11%)高の12万6000円。出来高は9329株 と、前日の4099株に比べて2.3倍に達する。投資家の中期的な売買コストを示 す75日移動平均線を3月上旬以降、一貫して下回ってきたが、この日の急伸で ほぼ5カ月ぶりに上抜けた。

ゴールドマン・サックス証券は30日、アコゴルフの業績予想を上方修正し、 投資判断を「中立」から「買い」に引き上げた。今期(08年3月期)の連結営 業利益は会社計画を8%上回る138億円を予想している。足元の入場者数がこれ までの想定を上回る前年比5%超の増加になっているためという。

同証の浅川裕之アナリストは投資家向けリポートの中で、「第1四半期決算 が株価の転換点の当面のカタリストになる」との考えを示唆。アコゴルフは8月 13日に第1四半期(4-6月期)決算の発表を予定している。

アコゴルフは、昨年11月に東証1部市場に新規株式公開(IPO)した。 ゴルフ場を積極的に取得していることから利益率の悪化が懸念され、直近の株価 は上場来安値圏で推移していた。会社側が5月に示した今期の営業利益率は

16.2%と、前期の17.1%から悪化する見通しだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE