コンテンツにスキップする

NY外為:円が上昇、株安でキャリー取引手じまい-対ドル118円台

ニューヨーク外国為替市場では円が 堅調。信用収縮で米経済が鈍化するとの懸念から世界の株価が下落し、 トレーダーがキャリートレードを縮小して円を買い戻したことから、円 は主要16通貨すべてに対して上昇した。

円は対ドルでは3カ月ぶり高値に上昇した。対ブラジル・レアルで は4.4%上昇、対ニュージーランド(NZ)ドルでも4.1%上げた。10 年物スワップ・スプレッドは最大77.38ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01ポイント)に拡大した。これは2002年1月以来の最大。

マニュファクチャラーズ&トレーダーズ・トラスト(ニューヨーク 州バッファロー)のチーフ通貨トレーダー、ブライアン・テーラー氏は、 「リスク懸念が非常に広がっている」と指摘。「クレジット・スプレッ ドが拡大するにつれ、キャリートレードの手じまいがみられている」と 述べた。

ニューヨーク時間午後4時9分現在、円はドルに対し前日比1.5% 高の1ドル=118円71銭。円は一時、同118円52銭と、4月26日以来 の高値を付けた。円はまた、ユーロに対しては前日比1.3%上昇し1ユ ーロ=163円14銭と、3月5日以来最大の上げとなった。

ポールソン米財務長官は26日、サブプライム問題は「概して限定さ れる」との見方を示した。

融資のデフォルト(債務不履行)をめぐる懸念が高まったことを受 けて、米株価は急落。S&P500種株価指数は3カ月ぶり安値を付けた。 また、原油先物9月限は一時バレル当たり77ドル台に乗せる場面もあっ た。

BNPパリバの直物為替部門チーフディーラー、ラフィエル・マー トレル氏は、「あらゆる種類の資産が変動している」と指摘。さらに、 「株価が下落するなか、市場参加者はリスクを縮小し、キャリートレー ドのポジションの一部を調整している」と語った。

スイス・フラン上昇

円と同様にキャリートレードに使用されることの多いスイス・フラ ンもこの日は、円以外の主要通貨すべてに対して上昇した。スイス・フ ランは対ドルでは前日比0.8%上昇し1ドル=1.2039フラン。ユーロに 対しては同0.6%上昇の1ユーロ=1.6544フラン。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティ指数は前日 比19%上昇し21.50と、06年6月以来の高水準に達した。同指数の上昇 は、トレーダーが今後30日間の株式相場の一段と大幅な変動を予想して いることを示す。

円は対ユーロでいったん1ユーロ=164円80銭を付けるとさらに上 値を伸ばした。BNPのマートレル氏は、同水準ではオプションや損切 り注文で一段のユーロ売りが誘発されたと指摘した。

JPモルガン・チェースのEMBIプラス指数によれば、新興市場 債の平均スプレッドは26日、22bp拡大し219bpとなった。これは昨 年9月以来の最大。

ウェルズ・ファーゴ

ドルは対ユーロでは前日比0.16%安の1ユーロ=1.3744ドル。米地 銀大手のウェルズ・ファーゴは26日、住宅ローン金融業者向けにサブプ ライム(信用力の低い個人向け)住宅ローンの資金やその手続きサービ スを提供する事業を閉鎖すると発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE