コンテンツにスキップする

上海の銅先物相場:下落-LME銅在庫の3週間ぶりの増加を嫌気

17日の上海銅先物相場は下落している。 世界最大の金属取引所であるロンドン金属取引所(LME)の指定倉庫の銅在 庫が、3週間ぶりに増加に転じたことが嫌気された。

LMEの指定倉庫の銅在庫は16日、前週末比1325トン(1.4%)増の9 万8875トンと、6月25日以来の増加となった。増加分の大部分は韓国の釜山 と高陽の指定倉庫が占めた。

中国国際フューチャーズ(上海)の調査部門責任者、蔡洛益氏は「現時点 では、中国で銅を輸入しても損失が出るため、トレーダーらは、銅を韓国など アジアの他の国のLME指定倉庫に銅を輸送している。このため、在庫はさら に増加する可能性がある」との見方を示した。

上海先物取引所の銅先物相場9月限は、前日比最大1050元(1.6%)安の 1トン当たり6万3810元。上海時間午前10時41分現在、6万4140元で取引 されている。

LMEの銅先物相場(3カ月物)は、上海時間午前10時54分現在、前日 比ほぼ変わらずの1トン当たり7795ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE