コンテンツにスキップする

「ハリポタ」映画第5作、第1週週末興行収入7700万ドル-予想通り

英国人作家J.K.ローリング氏の人気フ ァンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの映画化第5弾「ハリー・ポッタ ーと不死鳥の騎士団」の公開第1週の週末興行収入は7740万ドル(約94億円) となり、今年の公開映画では「スパイダーマン3」に次いで4番目の好成績を記 録した。

調査会社メディア・バイ・ナンバーズのデータによると、「不死鳥の騎士 団」は7月11日の公開以降の北米興行収入の合計が1億4000万ドルとなった。 メディア・バイ・ナンバーズのポール・ダーガラベディアン社長によると、5日 間の興行収入としては2004年6月公開の「スパイダーマン2」(1億5240万 ドル)に次いで過去2番目の好成績。

「不死鳥の騎士団」は、制作会社ワーナー・ブラザーズに世界全体で10億 ドルのチケット販売をもたらすとみられる。米メディア・コンサルティング会社 FMVオピニオンズのマネジング・ディレクター、デービッド・デービス氏によ ると、家庭用ビデオや玩具などの販売を含めたベースで親会社タイム・ワーナー にとっては5億ドルの利益になるという。

デービス氏は、「全ての年齢の人がこの映画を見たがっている」と述べ、肯 定的な映画評や、シリーズ完結編「ハリー・ポッターと死の秘宝(仮題)」の7 月21日の発売が、映画興行に追い風になっていると指摘した。

デービス氏やハリウッド・ストック・エクスチェンジ、ボックス・オフィ ス・グルのギテシュ・パンディア最高経営責任者(CEO)らの予想平均では、 13日からの週末3日間の興行収入は7800万ドル、5日間の興行収入は1億 5030万ドルと見込まれていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE