コンテンツにスキップする

「ハリポタ」映画第5作、11日の収入は4480万ドル-水曜日として最高

11日に公開されたJ.K.ローリング氏の 人気ファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズに基づく映画の第5作「ハ リー・ポッターと不死鳥の騎士団」の同日の興行収入は4480万ドル(約54億 8500万円)と、水曜日としては米国で過去最高となった。

米ワーナー・ブラザーズの同作品は、ソニーの「スパイダーマン2」が2004 年6月に記録した4040万ドルを塗り替えた。調査会社メディア・バイ・ナンバ ーズが12日、ウェブサイトで集計を公表した。

ボックス・オフィス・グルのギテシュ・パンディア最高経営責任者(CE O)は、同作品が公開から最初の5日間で1億5000万ドルの興行収入を上げる と予想。予想通りならば、ワーナーにとっては2005年の同シリーズ前作以来の 大ヒットとなる。

小説の完結編で第7作となる「Harry Potter and the Deathly Hallows(「ハ リー・ポッターと死の聖人たち」)が7月21日に発売されることも、映画への 関心を高めていると同氏は指摘した。

メディア・バイ・ナンバーズによると、11日の興行収入の合計には深夜の 「プレビュー」の約1200万ドルが含まれる。

ワーナーの親会社タイム・ワーナーの株価はニューヨーク時間午後4時1 分(日本時間13日午前5時1分)現在、4セント高の20.74ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE