コンテンツにスキップする

上海銅先物相場:下落-中国の6月の銅輸入が高水準、供給過剰を懸念

11日の上海銅先物相場は下落している。 中国の6月の銅輸入が高水準を維持し、供給分が消費されるのに予想以上に時 間がかかる可能性が示唆された。中国は世界最大の銅消費国。

中国税関当局が10日に発表した予備データによると、同国の1-6月の 銅と銅製品の輸入は前年同期比52.3%増の151万トンとなった。また、6月の 輸入は21万2471トンと、前年同月の17万2794トンから増加した。

成都倍特フューチャーズの調査マネジャー、鄧宏氏は11日のインタビュ ーで「10日の輸入統計にはちょっと失望した。6月の銅輸入は5月とほぼ同水 準であり、6月は銅を輸入しても採算が取れなかった」と述べた。

上海先物取引所の銅先物相場9月限は、前日比最大1590元(2.4%)安の 1トン当たり6万4820元。上海時間午前10時8分現在、2.2%安の6万4980 元で取引されている。ロンドン金属取引所(LME)の銅先物相場(3カ月 物)は、上海時間午前10時9分現在、前日比0.9%安の1トン当たり7840ド ル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE