コンテンツにスキップする

米グーグル:慶大の蔵書が書籍検索サービスの対象に-日本の大学で初

インターネット検索最大手の米グーグルは 初めて、日本の大学の蔵書を書籍検索サービス「Googleブック検索」の対象に した。

新たに対象となるのは、慶応義塾大学の図書館の蔵書で、書籍数は少なく とも12万冊。対象となった図書館はこれで26カ所目になった。

サービスが導入されたのは2004年。ユーザーは、検索した書籍の中身を印 刷された通りの形で閲覧することができる。先月にはシカゴ大やオハイオ州立 大など米大学12校が参加。ハーバード大やスタンフォード大の蔵書も対象にな っている

このサービスをめぐっては、出版業界が著作権侵害を理由にグーグルを提 訴。これに対してグーグルは、著作権のある書籍は部分表示し、公有財産の書 籍だけを全体表示しているため、著作権法の「公正な使用」に関する条項を順 守していると主張している。

グーグルによると、電子化する慶大の蔵書は、著作権法の適用外の公有財 産が対象となる。

グーグルの10日株価終値は前日比78セント高の543.34ドル。年初からの 騰落率はプラス18%。

-- Editor: Thaw (nht)

--* 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Ari Levy in San Francisco at +1-415-743-3542 or alevy5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Cesca Antonelli at +1-415-732-3127 or fantonelli@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE