コンテンツにスキップする

米アルコア:アルキャン買収で挽回狙う、4-6月は減益か-9日発表

アルミニウムメーカー大手の米アルコアは、 業界1位の座を失った。同業のカナダのアルキャン買収に成功しなければ、業 界3位に後退することもあり得る。

アルコアはアルキャンに敵対的買収を仕掛けている。アルキャンを買収で きればアルミニウム生産量を約2倍に増やすことができる。アルコアは3月に、 アルミニウム1位の座をロシアのルスアル(RUSAL)に奪われた。中国の チャルコ(中国アルミ)は、3年以内にアルコアを抜くことを目標としている。

アルキャンを買収すれば、アルコアは世界のアルミの約20%をコントロー ルすることになり、米ボーイングなど顧客企業に対し価格決定力も強まる。大 型開発プロジェクトに加わる余力も高まる。アルコアの2007年4-6月(第2 四半期)利益は米国の2工場での生産減が理由で、前年同期比減益となったと みられる。

フィフス・サード・アセット・マネジメントで運用に携わるピーター・ク ライン氏は「規模が大きいほど、市場のコントロールや価格決定力が強まり有 利だという考え方がある」とした上で、「アルコアは海外の資産や商機を拡大す る必要があり、アルキャン買収でそれが達成できる。合併の機は熟しているだ ろう」と話した。

アルコアは9日、米市場の通常取引終了後に第2四半期決算を発表する。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト予想では、一部項目を除いた ベースの1株利益は80セントと、前年同期の同86セントから減少が見込まれ ている。クレディ・スイスのアナリスト、デービッド・ギャグリアノ氏らは、 米国の2精錬所での生産減が響いたとみている。

アルコア株の6日の終値は41.66ドル。アルキャン買収に失敗すればアル コア自身が買収標的となるとの観測から、年初来39%上昇している。

アルコアは、1株当たり75.64ドル(総額277億ドル=約3兆4250億円) でアルキャン買収を目指している。アルコアのアレイン・ベルダ最高経営責任 者(CEO)は、買収額を引き上げる可能性を示唆した。

アルキャンは年350万トンのアルミニウム生産能力を持つ。低価格な電力 を利用でき、サウジアラビアやオーストラリアでの鉱山開発プロジェクトも抱 える。アルコアの06年アルミニウム出荷は前年比1.6%増の350万トンだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE