コンテンツにスキップする

米ヤフーのサイトはアジアで1番人気、2位マイクロソフト-調査会社

米国で最もアクセスの多いインターネット サイトである米ヤフーのサイトは、アジアでも最も人気が高いことが、調査会 社コムスコアがアジアの10市場を対象に行った調査で分かった。

ヤフーのサイトは日本とインド、台湾、香港、マレーシア、シンガポール で最も人気が高いことが分かった。コムスコアのウェブサイトによると、アジ アでのサイトの人気は米マイクロソフトが2位、米グーグルが3位だった。

米インターネット関連企業は中国やインドなど成長余地の大きい国のユー ザー獲得を目指し、アジア事業への投資を増やしている。調査によると、アジ アでは自宅や職場でインターネットを使用しているのは回答者の10%で、全世 界の16%に比べ低かった。

国民へのインターネットの普及率では韓国が65%で域内最高。次いでオー ストラリアの62%、ニュージーランドの60%、香港の59%だった。下位2国は インドと中国でそれぞれ3%と9%。

ヤフーは中国と日本で、現地企業との合弁会社を通してサイトを運営して いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE