コンテンツにスキップする

中国:銀行融資で違法な株投資、当局は対応に苦慮-英FSA元トップ

英金融サービス機構(FSA)のトップを 務めた経歴を持つハワード・デービス氏によれば、中国企業が株式投資資金を 違法な申請で銀行から借り入れており、当局はこれをやめさせるのに苦慮して いる。銀行は借り手の情報を持っていないほか、短期的な利益を優先させてい るためだという。

北京を訪れている同氏は3日、「企業が運転資本を補充するため融資を申 し込んだ場合、銀行はそれが真実なのか見極めることは難しい」と述べた。中 国本土の株式相場は今年、借入金による株式投資などで大きく上昇しており、 当局はバブルを懸念している。

中国銀行業監督管理委員会(銀監会)は先月、中国工商銀行と中国銀行を 含む8行が違法な株式投資に使われた企業向け融資45億元(約725億円)の精 査を怠ったと発表した。

現在ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのディレクターを務めるデ ービス氏は、「銀行にとって、評判に関するリスクは深刻だ。銀監会があらゆ る融資を取り締まることは不可能で、警告を市場に発するためこうした実例を 挙げている」との見方を示した。

格付け会社フィッチ・レーティングスのアジア金融機関担当マネジングデ ィレクター(香港在勤)、デービッド・マーシャル氏は、「中国政府がいつも 銀行救済に乗り出してくると投資家は少し過信している」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE