コンテンツにスキップする

米MMF資産、過去最高の2兆5050億ドル-安全な投資先求める動き

【記者:Ye Xie】

6月27日(ブルームバーグ): ニューズレターのマネー・ファンド・リポ ートによると、米国のマネー・マーケット・ファンド(MMF)の資産残高は 2兆5050億ドル(約308兆円)と、過去最高に達した。サブプライム住宅ロー ン関連の損失をめぐる懸念から、安全な投資先を求める動きが広がった。

マネー・ファンド・リポートによると、MMFは26日までの1週間で55 億8000万ドルの純流入があった。資産残高は19日までの1週間に記録した2 兆4990億ドルが、これまでの過去最高だった。

同ニューズレターの副編集長、コニー・バグビー氏は「市場関係者は長期 間に及ぶリスクの高い投資から抜け出したかった」とし、「流動性の高いMMF が好まれている」と指摘した。

米証券会社ベアー・スターンズ傘下の2つのヘッジファンドは、サブプラ イム住宅ローン担保証券(MBS)や債務担保証券(CDO)への投資の失敗 で損失を計上した。同ヘッジファンドの損失拡大への懸念が高リスク資産への 投資を抑制している。

課税対象のMMF総額は前週比45億9000万ドル増えて、過去最高の2兆 1000億ドル。非課税のMMFは同9億8530万ドル増の4043億2000万ドルと、 これも過去最高だった。7日間の利回りは課税対象のMMFが4.70%と、前週 の4.72%から低下する一方、非課税のMMFは3.16%と、前週比0.03ポイン ト上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE