コンテンツにスキップする

米デルファイとGM:労働協約で合意間近、22日に説明会-関係者

経営再建中の米自動車部品メーカー、デル ファイと元親会社の米ゼネラル・モーターズ(GM)は全米自動車労組(UA W)との間で合意間近であることが、関係者の話で21日明らかになった。合意 には、デルファイの工場閉鎖の見返りとして早期退職制度や雇用保証が盛り込 まれるもようだ。

関係者によると、UAWは22日に説明会を行うため、工場幹部を召集して いる。

合意がまとまれば、GMの工場閉鎖につながるストを回避できるとみられ る。また、デルファイが年内に経営再建手続きを完了する道も開くことになり そうだ。

モルガン・キーガン(テネシー州メンフィス)の債券アナリスト、ピート・ へースティングス氏は、「デルファイをめぐる合意は、解決が必要な多くの過渡 的な課題の1つだ」と指摘した。

19日には、UAWのロン・ゲッテルフィンガー委員長とカルビン・ラプソ ン副委員長がデトロイトで労組幹部に対し、デルファイが7月2日から2週間 の夏季工場閉鎖に入る前に、新しい労働協約を発表・承認する見通しを示して いた。

GMは7中旬に期間4年の新規労使協約の交渉が始まる前に、デルファイ 問題を決着させたい意向だ。デルファイは2005年10月に破産法適用を申請す る前から譲歩を求めていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE