コンテンツにスキップする

米最高裁:IPOめぐる投資銀への反トラスト訴訟棄却-高裁決定を覆す

米連邦最高裁は18日、900件の新規株 式公開(IPO)で不正を働いたとして、投資銀行および機関投資家に対する 提訴を認めた米連邦高裁の判決を7対1で覆し、証券会社を反トラスト(独占 禁止)法訴訟から保護する判断を下した。

訴えを起こされたのは、クレディ・スイス・グループやゴールドマン・サッ クス・グループ、メリルリンチを含む投資銀・機関投資家の計16社。訴えを 起こした投資家らは数十億ドル規模での損害賠償を要求していた。

最高裁は先月も、米大手電話会社による談合を訴えた反トラスト法訴訟を棄 却している。

今回の最高裁の判断を支持した判事らは、証券業界の保護は米証券取引委員 会(SEC)の定める業界規制にのっとり保証されていると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE