コンテンツにスキップする

CVRD:07年の鉄鉱石需要、昨年より「ひっ迫」-中国の輸入増で

鉄鉱石生産最大手、ブラジルのバレ・ ド・リオドセ(CVRD)は13日、世界の鉄鋼メーカーの鉄鉱石需要がこと しに入って拡大しており、数年間は市場が堅調さを維持することを示唆してい るとの見方を示した。

CVRDのIR(投資家向け広報)部門責任者、ロベルト・カステロ・ブ ランコ氏は同日、トロントで開催された投資家向け会議で、中国の1-5月の 鉄鉱石輸入が前年同期比で21%増加した可能性があるとの見解を示した。

ブランコ氏は、インドが、鉄鉱石の価格上昇を制限し国内の鉄鋼メーカー 向け供給を確保するため鉄鉱石の輸出税を導入したことなどにより、鉄鉱石市 場は昨年と比較して「さらにひっ迫している」とし、鉄鉱石のスポット価格の 上昇につながっていると指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE