コンテンツにスキップする

Gウィル会長:コムスン介護事業は外部譲渡を最優先-譲渡先は「白紙」

コムスンの親会社、グッドウィル・グルー プの折口雅博会長兼最高経営責任者(CEO)は10日、フジテレビの討論番組 「報道2001」に出演し、コムスンで手掛ける介護事業について、「外部への譲 渡を最優先に検討していきたい」と述べた。具体的な譲渡先については「まっ たく白紙」としている。

そのうえで、「今の段階では、外部にサービスを譲渡することを前提とし て、厚生労働省と話し合いをしながら、譲渡先はどこかということを含めて7 月末までに決める」と語った。

グッドウィルはグループ内で介護事業を継続する考えも示しているが、厚 生労働省はグループ内での事業譲渡を凍結するように行政指導している。折口 会長は、今後の対応について「厚労省から来年の3月まではコムスンが責任を 持って介護をやりなさいといわれている」とも発言した。

グッドウィルの8日終値は前日比5000円(8.1%)安の5万6800円のスト ップ安(値幅制限いっぱいの下落)比例配分。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE