コンテンツにスキップする

森トラスト社長が日本一の富豪、ソフトバンク孫社長抜く-フォーブス

米経済誌フォーブス(アジア版)の18日号 によれば、森トラストの森章社長(69)がソフトバンクの孫正義社長(49)を 抜き日本一の富豪となった。

フォーブスが毎年発表する「日本の富豪40人」の最新版では、森CEOが 2006年に純資産を55億ドル(約6670億円)と、前年の49億ドルから増や し、5位からトップに躍り出た。日本の地価が16年ぶりに上昇に転じたことが 寄与した。

孫社長の純資産は54億5000万ドルと、70億ドルから減少し、順位も1 位から2位に後退した。ソフトバンクの時価総額は06年1月から44%減少し た。

家庭用ゲーム機「Wii」などが好調の任天堂の山内溥前社長・相談役(79) は、同社の株価が大きく上昇したことを受け、純資産が48億ドルに膨らみ、14 位から3位に大きく浮上した。日本の富豪上位40人全体の資産総額は10.5% 減少し792億ドルとなった。

日本の富豪上位10人(敬称略)

  順位                                        純資産(億ドル)
   1. 森章        森トラスト                      55
   2. 孫正義      ソフトバンク                    54.5
   3. 山内溥      任天堂                          48
   4. 毒島郁雄    SANKYO                    43
   5. 武井博子    武富士元会長夫人                40
   6. 佐治信忠    サントリー                      39
   7. 糸山英太郎  新日本観光                      38
   8. 柳井正      ファーストリテイリング          36
   9. 滝崎武光    キーエンス                      27
   10. 伊藤雅俊    セブン&アイ・ホールディングス  26
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE